2017年07月07日

東北本線 黒磯←→新白河←→郡山 で運用分離へ


DSC_1152_b.jpg

◆黒磯〜郡山間の輸送体系を変更します
・黒磯駅の電力設備改良工事に伴い、黒磯〜新白河間の普通列車に
 使用する車両を変更し、同区間で折り返し運転を行います。
〜中略〜

◆黒磯〜新白河間で新型車両「E531系」の運転を開始します
・黒磯〜新白河間に新たに「E531系」を投入します。
 また、一部列車は「キハ110系」で運転します。


-----JR東日本 仙台支社プレスより引用------



…というわけで、遂にこの日がやってきた。

E531系投入は予想していたにしても
黒磯〜新白河折り返しという、僅か乗車時間20分のみみっちい分離に草。
送り込みは営業運転になるのか、ただの回送になるのか現段階では不鮮明。

あと恐らく日中のワンマン用だと思われるキハ110系の投入は予想外でした。
こちらは磐東辺りから持ってくるのかな?
何気に栃木県での営業運転は初となります。


いずれにせよ黒磯近辺で、そして栃木県内で
701系&E721系を見れるのも残り3ヶ月となってしました。




DSC_0058_bb.jpg

今まで1時間ヘッドをキープしてきた区間ですが、
この改正でガッツリ減らされそうな予感。

それと仙台車の運用に余裕が出るはずので、
これにて719系もいよいよ…かな



posted by こまくさ/かもしか at 23:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記(鉄道関連) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは

ついに来ましたね。
どんな車両が使われるのか気になってましたが、
E531はさておき、キハ110での運用があるのは意外でした。

同区間は県境区間で利用者が少ないですから、
完全に直流化された後は羽越線のように、
キハ運用限定になってしまいそうですね。

キハといえばキハ40にも余命宣告が。
未だに非冷房だった八戸線にもついに新車が入るとのことで、
今年の夏が窓全開で車窓を楽しめる最後の夏になりそうです。

719系同様あっという間になくなりそうですから、
今のうちに乗りにいきたいと思ってます。
Posted by もも at 2017年07月08日 08:02

せっかくの機会なので
試験的にも郡山・新白河〜宇都宮で
需要開拓を探ってみてもいいのではと思うのですが、
今のJR東ではそんな企業努力は出来ないかな。

車両的にも、利便的にも
劣化著しい路線に、もう遠出で使う事もなさそうです。

Posted by こまくさ at 2017年07月08日 12:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/451606773

この記事へのトラックバック