2017年06月18日

グリーンマックス製 キハ110/111/112-200(陸羽東線・西線)を買ってみた


DSC_0482_b.jpg
貫通扉のブラックは登場時の意地なのか?

個人的には、キハ110の中で一番好きな塗装。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
DSC_0474_b.jpg
購入時のお姿

記憶が確かならば、昔買ったのが高校を卒業する前後だったはずなので
およそ15年振りの再登場となった
陸羽東線・陸羽西線仕様のキハ110を購入してみました。

当時、TOMIXのよねしろ色キハ58の発売とタイミングが被ってしまい
どっちを買おうか悩んだ挙句、(高校生の癖に)両方を購入するという贅沢を犯し、
母親に冷たい目で見られた懐かしい思い出が蘇ります。

時期的には、マイクロエースが業界再参戦した辺りで
この頃から既存メーカー達も、地域(田舎)に狙いを定めた
商品展開を(ようやく?)始めた時期でもありました。









DSC_0477_b.jpg

まずは付属品から。
毎度の事ながら、貫通路に並々ならぬ情熱を感じられるGM社。
畳んだ姿と横に出した姿の両方を表現する事が出来ます。。

一方で、アンテナ類には一切の予備がない仕様なので
取り付けの際にはご注意あれ。
(トミックスの取付冶具に慣れると、
慣れた人でもピンセットで吹っ飛ばすことがあるよね。。)






DSC_0476_b.jpg

続いて、TNカプラーの取り付けについて。
前はボディマウント一発付けでしたが(但しモーター台車に干渉する)
今回は既存品をベースに分解して取り付ける模様。

なお新タイプではなく、旧タイプを前提としているので要注意。

また、先だって発売された八高線用キハ111/112でも
少し話題となってましたが、中間側にTNカプラーを付ける場合は
2つある穴のうち、1つだけズラして取り付ける必要があります。









DSC_0481_b.jpg

あと、シールの類が付いていないので
行先表示部分は黒く塗った上でマイクロの719系のモノを流用しました。
ぶっちゃけ、最近のLED表示は本当に細くて読めないので
黒く塗るだけでも良さげ。

一時期は鉄道模型メーカーで一番シールに凝っていた
グリーンマックスでしたが、これも時代の流れでしょうかね。
(その分、価格帯に反映されているとはとても言い難い値段だけど…)












DSC_0482_b.jpg

というわけで、弄りも含め完成。




DSC_0484_b.jpg

いつも通り軽く汚して、幌塗って
ドアシール(ペンギンモデル製)を取り付け。

…貫通路も(せっかくなので)1つだけ伸ばした姿を使ってみました。





DSC_0485_b.jpg

カプラーはこんな感じ。
前述しましたが、くれぐれも中間車側は穴を1つズラさないと
連結すら出来ない状態になりますのでご注意をば。
















DSC_0488_b.jpg

さて、蛇足になりますが
記事冒頭で記載した通り、GMは今から15年程前に
塗装済みキットという形態で陸羽東線・西線を発売していました。






DSC_0489_b.jpg

ソレがコチラ。

当ブログでもすでに度々顔出ししていますが、
タイプと呼ばれる所以は、赤いヤツの所為。

当時、両運転台(110形)のみしか製造していなかった為、
陸羽東線のみ悲しきフリーランス仕様
コレならばいっその事、陸羽西線色2両で売ればいいのではと
当時からおっさんに至る今まで思い募っていましたが、
そんな曖昧な感じでも許される、模型界としても大らかな時代でしたね。。






ただ、この車両の問題点はそんな些細な事ではなく








DSC_0491_b.jpg
←旧 新→





DSC_0492_b.jpg
←旧 新→

車体が異様に大きい事にありました。

新庄駅を表現させようと、トミックスの400系やE3系(1/160)なんかと並べると
そこは異次元空間で、同じゲージとは思い難い残念な絵が展開されました。

また、すでに発売済みだったKATO製キハ110のクオリティが高かったのも
この製品の残念ポイントを貯める要因の一つとなり、
その後はオリジナル色を含め、気が付けばカタログ落ちしていましたね。。









DSC_0487_b.jpg
←KATO GM→

それが15年の時を得て
ようやくKATO製品と比べても遜色ない仕上がりに。

時間はかかったけど、この並びを見ただけで
当時の高校時代が報われた(?)気がする…。













DSC_0486.jpg

(なお、長さは違う模様…)
↑追記、200番台は長いようです、失礼。













DSC_0497_b.jpg

最後に記念撮影。
小牛田近辺も充実してきました。

前例を考慮すると、次の展開としては秋田リレー号辺りでしょうか?
出るならば買いたいけど、もう少し値段を何とかしてくれないかな。。


posted by こまくさ/かもしか at 21:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 鉄道模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは

GMの陸羽キハ買っちゃいますよね(笑)
私も基本だけ買っちゃいました。

割引でも2つで22000円と
マイクロ並みの高プライスでしたが、
出来は十分満足でした。
(床下機器がちと薄いですが)

ちなみに車長がKATOより長いのは
運転台の強化が行われた200番台を再現しているので、
正解なんですよ。

111・112ユニットは方向幕の位置まで完璧で、
GMのこだわりを感じました。


最近は実車のキハ110にもひかれてます。
ハイブリッド・アキュムのように
気動車も電車化が進んでる中、
純粋にエンジンサウンドを楽しめる車両ですからね。

特に陸羽東線の急坂を唸りながら登るキハは
本当に絵になります。
Posted by もも at 2017年06月19日 18:53


ええ、(出たら)そりゃ(買っちゃう感じに)なりますよ。


>>ちなみに車長がKATOより長いのは
>>運転台の強化が行われた200番台を再現しているので、
>>正解なんですよ。

ぬぉ、初耳でした。補足ありがとうございます。


個人的な陸羽の思い出としては、
西線の最上川寄りに取り付けられた
角度の変えられる座席でしょうかね。

当時、衝撃と感動をおぼえたものですが。。

Posted by こまくさ at 2017年06月19日 19:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック