2016年04月07日

TOMIX製 EF81(カシオペア色)を買ってみた


DSC_0551_b.jpg

今更ながら、何故か急に欲しくなりまして。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
DSC_0260.jpg
購入時のお姿

1998年頃、JR東日本のプレリリースにて
突如発表された寝台特急カシオペア。


その未来チックな姿に当時は肝を抜かされましたが
同時に気になったのは、その牽引機。

さすがにもう年齢的にもEF81じゃないんだろうなぁ…と思いきや
普通にEF81で草生えた思い出。

そのあしらわれた新塗装も傍から見ると、
未来チックな客車に合わせる為に、結構無理しているようにも見えて
例えるならば、合コンで若い男を獲得する為に
すげぇ厚化粧してる年配の女性って感じの印象を当時感じたものでした。









DSC_0263.jpg

そんなわけで恒例のちょい弄り。
まずは碍子の塗装から。

番号は当時何かと縁が合った79号機にしました。







DSC_0266_b.jpg

あとはエアホースとジャンパの取り付け。
こちらも普段通り、エアホースは銀河モデル製を
ジャンパはSAKATSUのプラグコード0.38mmを使用。






DSC_0272_b.jpg

あとは塗るとこ塗って







DSC_0548_b.jpg

パンタとスカート下部の足場に色差し。
この足場を塗る作業を施すと一気に旅客臭がしてくる。








DSC_0551_b.jpg

完成。
うむ、やっぱりEF81って格好いいわー。

うちの家内曰く、電気機関車のカッコよさについて
入門編はEF64-1000番台で、上級者はEF81だと言ってましたが
なんとなく言っている意味がわかるような気がする。


廃車回送されたのが2012年1月なので、
まだ4年位しか経ってないはずなんだけど
随分懐かしい感じ。











最後にうちのモジュールに乗せてみました。







DSC_0541_b.jpg

誰が呼んだか、カシぼの編成。
ぶっちゃけ、これがやりたかっただけでした。

彼はカシオペアよりも北斗星よりも、
あけぼの代走牽引していた時が一番輝いていたと思う。
(個人による主観です。)



posted by こまくさ/かもしか at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック