2016年02月15日

AIZUマウントエクスプレス AT-700/750を作る その4


DSC_0065.JPG

側面のグレーと緑帯の塗装が終了。
実際に塗ってみると思っていた以上に
帯が細く、なかなか面倒なマスキングでした。

予想通り、赤地の上では緑がなかなか乗らず
結構厚めとなってしまったので
気になる人は先に緑塗ったほうがいいのかも。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


去年の今頃の話。

多忙で虫の居所が悪かった事もあり
「返すの超面倒臭ぇ」という心無い発言のせいで
今年から当営業所でのパートのおばさん達からの
バレンタインチョコは廃止となりました。


貰って、1秒程の速度で発言した第一声は
流石のおばさま達にも少々のショックを与えてしまったようで
しばらく僕に対して隔たりを感じたものですが、

渡したら、倍返しとか
極道も驚きのこの糞みたいな悪しき風習。

誰かが止めなければならなかったや…。








こんばんわ、こまくさです。

男性社員諸君はコスト軽減の偉業を称えるため、
後で僕にチョコを上納するように。







DSC_0066.JPG

話がやや逸れましたが、
お次はあの特徴的な窓枠の塗装です。

言うまでもなく窓の両端がRになっているので、
いちいちマスキングするくらいならば、
いっそ手で塗ってしまったほうが早そう…?


posted by こまくさ/かもしか at 21:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 鉄道模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先日旅行の際に新幹線を使わず、新しくできた東武特急リバティ→野岩鉄道経由、会津鉄道のマウントエクスプレスに初めて乗車し、絶景や車内アテンダント、車内の装飾などに感動しまして、私も作ってみようと思い立ちました。


2両編成を再現したく、現在割と出回っているTOMIXの肥薩おれんじ鉄道からの改造です(^^;;
これまで半田付けでLED室内灯を作ったり、鉄コレの照明加工程度をやったことはあったのですが、塗装するのが初めてで結構大変だと感じました。なかなかピュアレッドスプレーが乗ってくれず( ; ; )

ただ買ってきて走らせるより、作るという過程が加わることでとても長く愉しめるものだなぁーと感じました。ラグジュアリー感溢れる車内も時間をかけてゆっくり作っていけたらと思いました。

今回はだいぶこちらのサイトの情報が頼りになってます。ありがとうございます。
Posted by あやぱん at 2017年06月09日 18:10

>>あやぱんさん

肥薩おれんじからだと、ライトが辛そうですな…
塗装は薄く塗り続けるのがコツですよ。

今、自分で記事を読みかえしてみても
拙いとしか言いようがない内容で恐縮ですが、
少しでも参考になったのならば嬉しいです。
Posted by こまくさ at 2017年06月11日 00:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック