2013年07月23日

男鹿高原駅に行ってみた


DSC_0925-1.jpg

関東圏最強の秘境駅とも名高い。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
DSC_0925-2.jpg
何に対しての“その他”なのか・・

こんばんわ。
刺身を肴に日本酒をお猪口で飲んでいると
割と高い確率で途中から醤油皿を口に付けそうになるこまくさです。

今回は関東最大の秘境らしい
野岩鉄道線「男鹿高原駅」に来てみました。
とは言っても、あと数キロ北上すれば福島県なので
関東で括るのは少々厳しい気もしますがね・・









DSC_0926-b.jpg

南側。鬼怒川・浅草方





DSC_0927-b.jpg

北側。会津田島・若松方


こんな僻地で浅草←→会津とか
サラッと出しちゃう案内に魅力を感じる。

JRの本線なんかよりよっぽど幹線しているなぁと。









DSC_0924-b.jpg

階段を上り駅出入口へ。





DSC_0928-b.jpg

ここの通路の窓より南を見る。

雪が残る山々のせいで実は半年位放置していた
記事だというのがバレてしまうのですが
まぁ、積雪時以外はいつ行っても景色は
際して変わらないはずなので気にしない方向で(笑)






DSC_0918-b.jpg

一応、野岩さん的にも
秘境駅という自覚はあるようです。














駅を出てみますた。





DSC_0916-b.jpg
北側







DSC_0914-b.jpg
南側

前評判通りの何も無さ。


ちなみに南側は道が通じていて
国道121号線が割と近くを走ってますが、
その国道沿線にもやはり民家らしき建物はないので
ますますこの駅の存在意義に疑問が残る。

wikiを見ると、この付近唯一の人工施設である
変電所の積雪時の点検の為ともありますが
前述通りさほど国道から逸れてはいないので
それだけの理由としてはちょっと苦しいかなぁ・・と。













DSC_0922-b.jpg

そんな男鹿高原駅ですが、最大の突っ込み所は
1時間ヘッドという異様な発着本数にあると思うのです。

つまり下手したら烏山線なんかよりも多い訳で・・(笑)




とまぁ、さらっと羅列していきましたが
割と車からでも入りやすい場所にあるので
夏の行楽に(?)まだ行った事はない方はいかがでしょうか?

ただ難点を上げると、
トイレがないんでそれだけ気をつけてください。












おまけ





DSC_0930-b.jpg

変電所に並ぶもう1つの周辺名物スポット、謎ヘリポート。








posted by こまくさ/かもしか at 22:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 東武-野岩-会津鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは(^O^)

この駅って1日の平均利用者数が2人なんですよね
同じく利用者数2[人/日]の押角駅といい勝負ですが、後者は休止→廃線の危機です
個人的には奥羽線の赤岩駅もこんなくらいかと思ってましたが、3[人/日]のようです(冬季全列車通過措置をとる前の統計より)

とりあえず冬になる前にカブ号で行ってみようかな、とフラグ立ててみますw
Posted by RT-235[仙セン] at 2013年07月26日 22:50
>>RT-235[仙セン]さん
どもども、こんちは。

赤岩駅はまだ50系客車が
ケツから突っ込んでいた時代は
昇降者はもちろんの事、駅員まで
いたんですけどね・・

日本ってやっぱり人口減ってんだな・・という事が
こういうところでも実感できます。(笑)
Posted by こまくさ at 2013年07月27日 13:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/370081772

この記事へのトラックバック