2017年07月07日

東北本線 黒磯←→新白河←→郡山 で運用分離へ


DSC_1152_b.jpg

◆黒磯〜郡山間の輸送体系を変更します
・黒磯駅の電力設備改良工事に伴い、黒磯〜新白河間の普通列車に
 使用する車両を変更し、同区間で折り返し運転を行います。
〜中略〜

◆黒磯〜新白河間で新型車両「E531系」の運転を開始します
・黒磯〜新白河間に新たに「E531系」を投入します。
 また、一部列車は「キハ110系」で運転します。


-----JR東日本 仙台支社プレスより引用------



…というわけで、遂にこの日がやってきた。

E531系投入は予想していたにしても
黒磯〜新白河折り返しという、僅か乗車時間20分のみみっちい分離に草。
送り込みは営業運転になるのか、ただの回送になるのか現段階では不鮮明。

あと恐らく日中のワンマン用だと思われるキハ110系の投入は予想外でした。
こちらは磐東辺りから持ってくるのかな?
何気に栃木県での営業運転は初となります。


いずれにせよ黒磯近辺で、そして栃木県内で
701系&E721系を見れるのも残り3ヶ月となってしました。




DSC_0058_bb.jpg

今まで1時間ヘッドをキープしてきた区間ですが、
この改正でガッツリ減らされそうな予感。

それと仙台車の運用に余裕が出るはずので、
これにて719系もいよいよ…かな



posted by こまくさ/かもしか at 23:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記(鉄道関連) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする